一見正当に見える現金化

詐欺にあったことがわからないということも

普段気軽に利用できるクレジットカードですが、クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。通常、ショッピング枠の限度額が50万ぐらいだとすると、新規でキャッシング枠は15万程度になります。支払いなどが滞りなく、ずっと問題なく使っていると、限度額はあがってきます。ところで、ショッピング枠の現金化という言葉をきいたことがあるでしょうか。これは、商品を購入したとみせかけて、ショッピング枠の限度額すれすれぐらいまで売り上げ伝票をだして、この金額の7割から9割を利用者に、現金でキャッシュバックを行うというものです。

このショッピング枠現金化の罠はどのようになっているかというと、クレジットカードって、意外に簡単につくれますよね。一人1枚というより、複数枚持っている場合がほとんどです。それだけ、多く発行されているので、詐欺の温床になっているということも考えられます。

また、一見正当に見えるところが、詐欺の怖いところです。本来は、カードをもっている会員から、商品を買い取ると言う形ではなくて、クレジット会社から建て替えとして支払われたお金を、カード会員に戻しているわけです。たくみにごまかしているので、一見詐欺にあったことがわからないということもあります。これが詐欺なんですね。