元金均等返済のメリット、デメリット

返済額が徐々に減っていく方法

住宅ローンなどの返済方法に、元利均等返済と元金均等返済という二つの返済方法があります。まず、元利均等返済というのは、毎月返済する住宅ローンの金額が均等になるように返済する方法です。この返済金額には元金と利息が含まれています。つまり、毎月一定額を返済する形になります。一方、元金均等返済の特徴は、毎月支払う金額は一定ですが、これは元金部分についてなので、利息は借りた金額からの残高から計算して、この合計金額について、毎月返済するようになります。つまり、返済額は徐々に減っていく方法です。

これらのメリット、デメリットを考えた場合ですが、元利金等返済のメリットは、毎月の返済額が同じなので、計画を立てやすいし、住宅ローンも借りやすいということです。デメリットは、総利息が大きくなってしまうこと、保証料や団信保険料が高くなることです。

元金均等返済について、メリットは、返済額トータルは少なくて済みます。また、保証料や団信保険料も安上がりになります。デメリットは、ローンを設定したときの初めの返済額が大きくなってしまうことです。ですから、蓄えがあってそれを利用する場合は後者のほうがお得なのではないかと思います。一方、蓄えはあまり期待できないが、これから、貯蓄しながら、ローンを組んでいきたいという場合であれば、元利金等の方がよいと思います。